学び続ける貪欲さと
何事にも挑戦する勇気を
持ち続けよう!

お名前・所属部署・入社年と社内での経歴を教えてください。

千葉衿香です。システム部のRubySystemSectionに所属しています。
入社年は2019年4月です。
経歴は主に図書館システムの保守を行っています。

現在の業務内容を教えてください。

入社後は技術者研修を受けた後、図書館システムの保守と新システムの開発(主に画面周り)を行いました。
現在は入社2年目ですが、図書館システムの保守、新機能の追加、1年目とは別の公共系の新システムの開発(主に画面周り)を担当しています。

入社のきっかけを教えてください。

元々図書館という場所がすごく好きで、図書館に関わる仕事がしたいと思っていました。
大学では図書館司書教諭、図書館司書の資格を取得し司書を目指していました。しかし、図書館司書は非正規雇用の募集が多く「新卒で就職するなら、アプローチが司書である必要性はないのでは?」と思い直しました。
そんな時に、これからの時代基盤となってくる「システム」という側面から図書館に関わることができるコミクリに惹かれ、入社を決めました。

プログラマーに求められる能力はなんだと思いますか?

学生の頃はとにかく技術(プログラミングができること)が必須だと思っていましたが、物事を論理的に考えて、それをどうアウトプットできるかが大事だと思います。
「論理的に」という部分が難しいかとは思いますが、この点に関してはまだまだ私も鍛錬を積んでいる最中です。

今の仕事の面白いところを教えてください。

私の現在担当している仕事は、どちらかといえば「プログラムをどんどん組む」というよりは、「システムをどのようにしていくか?」という部分を、お客様と直接お話をして一緒に決めていくことが多いです。
各図書館ごとに、考え方やシステムの運用は様々です。同じシステムをご提供していても、お客様それぞれのご意向や運用があります。職員の方とのコミュニケーションを通じ、状況を共有し対応できるの事に仕事の楽しさを感じます。

反対に仕事の難しいところを教えてください。

自分の考えをきちんと伝えたり、様々なご意向をヒアリングすることに難しさを感じます。
お客様に対しては、プログラマーとしてシステムの作りが分かっている部分があるため、ついシステマチックに説明をしてしまうことがあり、最初はご理解していただけないことがありました。
また一方で、上司や同僚に対しては曖昧な表現で質問をしてしまい、何を聞きたいのかわかってもらえないことがあります。うまく自分の中で整理をして、それを発信をするということが難しいと感じています。

難しいところにぶち当たったときの解決策はなんですか?

難しいことにぶち当たった時は、だいたい視野が狭くなっていることが多いので、再度やるべきことは何なのか、視野を広げてタスクの整理を行います。
そこからやるべきことを漠然と置くのではなく、そのために何をすべき、そのために…と、タスクを小さくしてできることからやっていきます。

今後、覚えたい技術や興味のある分野はありますか?

まだまだ基本の知識が十分ではないため、日々勉強をしているところです。先日、業務で使用しているRubyの試験に合格することが出来ました!現在は、基本情報技術者試験の勉強をしています。
基本の内容がわからないと、業務上コミュニケーションが取りづらいことも多々あります。まずは少しでもこの点をクリアできたらと思っています。また、最近はお客様である図書館の方と接する機会がぐっと増えたので、もっと実際の図書館の業務を理解できるようにしたいです。

3年後の自分はどうなっていたいか教えてください。

コミクリで図書館のことと言えば千葉さんに!という存在になりたいです。
今はまだまだ先輩方の手を借りっぱなしなので、図書館システム運用での課題や機能追加があれば、対応の決定からリリースまで一人でこなせるようにしたいです。だんだん後輩も入ってきているので、図書館×システムの楽しさを伝えられたらとも思います。

仕事をする上で大切にしていることや、コミュニケーションで気を付けていること・意識していることはありますか?

仕事の面でもそうでなくてもですが、「ありがとう」「ごめんなさい」を言えることを大切にしています。
これは相手に対して敬意がないと言えない言葉だと思うので、常に相手に敬意を持って接することを意識しています。

仕事中や休日など、どのような気分転換を行っていますか?

新型コロナの影響で、コミクリは2020年4月からテレワーク勤務を導入しました。
家に一人でいるとつい作業しっぱなしになることが多いので、1時間に1回はお茶を入れに行く、1分外を眺めるなどを心がけています。
インドア派なので、休日は家で映画やドラマを見たり、本を読むことが多いです。

最後に、就活の先輩として、学生さんに一言(アドバイス)をお願いします!

私も就職活動を経験してみて、多種多様化していると感じました。
その分、問題解決力は培われると思うので、逆境をチャンスに変えて頑張ってください!応援しています。